天屋塗装業は安心の価格とは

高い?安い?
皆様の疑問にお答えします。

業者によって、見積もり金額が大きく違う
なぜ、そんなことがおきるのか
一見すると安い価格が魅力的に見えますが
本当にそれがいいのか?
その内容についてお話させていただきます。

皆様の疑問

塗料について

・コストパフォーマンスに優れたシリコン塗料
・家を温度を下げてくれる遮熱シリコン
・汚れを弾き、美しさを保つフッ素塗料
・高耐久、美しさ、対可燃性を持つムキ塗料
どの塗料を使うかによって金額は大きく違います。
天屋塗装業では、お客様と相談の上、お客様が求める最良の塗料を選択します。

経年劣化 補修について

もし、全く同じ形の家があった場合でも、どれだけ家が劣化、ダメージを負っているかで金額は大きく変わります。近年では、地震、台風などで甚大な被害が起きており、一見問題が内容に見える家屋でも私どもが拝見させていただいた場合、塗装だけは補いきれないケースが多く発生しています。屋根では剥がれた部分を補修せず塗れば雨漏りの原因に、壁ではクラックを埋めることなく塗装すると内部に水分が入り、最悪内部が腐り、後年大工事になってしまうケースもあります。天屋塗装業では、こういった補修を家主様と相談させていただき、どのように工事を行っていくかお話させていただきます。

塗替えのタイミング

ご自宅の塗り替えるタイミング 人それぞれの考えですが以下のような場合、塗替えを考える方が多いようです。
 ・色あせが目立ってきた
 ・ヒビ割れ
 ・クラックがある
 ・家が古いと感じてきた
 ・塗装の営業が頻繁にくる
 ・外壁を触ったら白い粉がついたなどなど
見た目はもちろんですが、このように感じてきた場合 やはり塗装を行なった方がいいケースが多いです。 ひび割れ・木部の劣化・サビは特に、雨水が入り家を大変痛めます。
重大な問題が起き、補修に時間とお金をかかる前に施工をすることをお勧めします。 下記のメニューより施工お勧めチェックリストにわかりやすく記載させていただきますのでぜひご活用ください。

業者の見極め方

数ある業者の中から選ぶコツ

どこの業者に頼めば、納得・満足する塗替えができるのか。数社、見積もりを出して、予算の範囲内で選べばいいのか、とても悩むところだと思います。そこで業者選びのコツを数点ご紹介したいと思います。

その1、建物を実際に調査しているか

寸法を測って終わり、現地にきたけど数分で説明もなく帰ってしまった。説明もなく適当に行なってしまう業者も多くあります。塗装工事は、建物の状況と住んでいる家主様の要望を聞いて初めてお見積もりを作ることができます。
調査不足のため、実際に工事を行なったら、追加工事が発生し余計にお金がかかったり、適当に塗り替えられてしまって後年、大きく家を痛めてしまうなどの原因になります。
しっかりとした調査あっての塗装工事です。
しっかりと調査を行う業者を選びましょう。

その2、塗料について正しく答えることができるか

塗料は環境により、大きく耐久年数が変わります。
・寒暖の差が激しい場所
・潮風が多い場所
・日当たりが良すぎる場所、悪い場所
・排気ガスの多い国道
などなど環境によって使う塗料を考えなければいけません。
「この塗装で何年もつのか」
この疑問に、メーカーが公表している値をそのまま答える業者様
これなら、カタログを見れば誰でも答えることができます。
環境を考慮して
「この条件でこの塗料であれば、何年持ちます」
っと答えられるのは、やはり塗装の知識・経験があり
家屋に適した塗料を塗替えができる信頼できる業者です。

高価で高級な塗料を塗れば良いのでしょうか?

「この塗料は最先端で最新の塗料なので長く綺麗ですよ!」
長期間、綺麗なら、多少高くてもいいか
っと考えてしまうところですが、これは必ずしも正しくありません。
塗料には短所・長所があります。施工する家、日当たりや湿度などの環境をみて、適した材料を選ぶのが最良です。
相談もなく、高価な塗料をお勧めしてくる業者様はあまりお勧めできません。
根拠を提示して、説明できる業者、これができて初めてお客様と信頼関係を結ぶことができる業者と言えます。

実際に施工した物件を見せてもらいましょう。

「百聞は一見に如かず」です。
施工した物件、現在行なっている物件を見せてもらいましょう。
現場の雰囲気や、マナーを肌で感じることができます。
また、別の日にこっそりといって、実際の現場を見ることもできます。
施工は、1月ほどかかることが多いです。ですので、気持ちよくお付き合いできる業者様を選ぶことが大切です。
自信のある業者様なら、見学は大歓迎のはずです。遠慮なくお願いしてみましょう。

お話しする担当者が丁寧で親切であること

最後に言えるのは
実際にお話をする方の丁寧さ、親切さと言えると思います。
質問した時や、相談をした時に、よく話を聞いてくれるか、丁寧に納得が行くまでお話をしてくれるか、これはとても重要なことです。
ここで、しっかりとしたお話ができないと、十分にお客様の要望や疑問点を伝えることができず、工事後トラブルになったり、不満を持ってしまうこともあります。
気軽にお話、連絡でくるのはとても心強く、安心に繋がります。