伊東市の塗装店 天屋のブログ

伊東市の塗装店 天屋ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 天屋ブログ
  4. 投稿を編集

投稿を編集

下書きへ切り替えプレビュー更新以下のバージョンよりも新しい自動保存された投稿があります。自動保存を表示タイトルを追加

いつも、ご覧いただきありがとうございます。

本日は、障子枠の洗浄について記載させていただきます。

経年劣化で色が変わる木の枠

年数がたつと色が変わる木部

色変わりを楽しむという良い点もありますが

さらに年数がたつと色がくすみ
劣化を感じる
ようになります。

こんなとき洗浄をおこなうことで
美しい木の色を取り戻す
ことができます。

その流れをご覧ください。

①障子を水で剥がしてます

剥がし剤の噴霧

を吹きかけ
のりと共に紙をはがします。

②残った障子紙とのりをこそぎ落とす

残ったのりと障子紙をこそぎ落とす

剥がし剤だけではきれいに落とすことはできないので
樹脂製のへらを使い
丁寧に残ったのりと障子紙を取り除きます

この作業でのりや紙が残ると
仕上がりに影響がでるので
しっかりと取り除く必要があります。

③灰汁洗いの液体を吹きかけます。

灰汁洗い(あくあらい)の液体を吹きかけ
汚れを浮き立たせます

④洗浄

高圧洗浄

圧力調整し
木部にのこった付着物と汚れを
水で洗い流します

木を傷めないよう
圧力を調整

注意しながら作業を行います。

汚れが落としきるまで
③と④の作業を繰り返し
行います。

施工前後

色がくすみ
くすんだ色のしょうじ枠が
木の色を取り戻しました

最後に

木の色を取り戻した障子枠に
新しい障子紙を張り替えると
部屋の中が一段と明るくなります

施工後

部屋の雰囲気が大きく変わるので
いつもの過ごしていた部屋が
今までと違ったものになることで
気分が明るくなる効果もあります。

今回は障子枠の洗浄でしたが
多くの木を使った場所にできる施工です。

木部の洗浄など
気になることありましたら
ぜひ、ご相談ください。
お見積りなど無料となっております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

天屋
お見積りは無料となっております。
お気軽にご相談ください。
TEL : 080-4725-3201

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事