塗替えの目安

判断の難しいタイミングを分かりやすく

約10~15年が目安ですが、塗料や材質により違いがあり年数はあくまで目安にしかなりません。立地条件、環境によって年数だけでは判断が難しく建物の状態をじて判断する必要があります。

みなさまでセルフチェックできる項目をまとめましたので、みなさまも是非チェックしてみてください。

壁面

色褪せ

雨、風、日光、塩害によって塗装面が劣化してくると色がくすんできたり、ぼんやりとした色になってきます。この状態がひどくなると家を守る塗料の面が薄くなり、家を守る力が低くなってきているサインになります。

汚れ

排気ガスや、換気口の汚れ、雨の流れる部分の水垢や、日光が強く当たる場所は焼けてしまいます。このような症状が出たら塗替えのサインです。

剥がれ、膨れ

剥がれ膨れの原因は経年劣化ですが、それ以前に下地の手抜きや塗料の選択ミスの可能性もあります。膨れは塗料と壁面の間に水が侵入し膨れることもあります。この場合外壁の劣化を早く進めてしまうので早めの塗替えが必要となります。

カビや藻、コケの発生

主に日当たり風通りの悪い場所に発生しがちなカビや藻です。カビやコケは塗料を落とし家の壁の劣化を早めてしまう厄介なものです。カビやコケの発生が酷い場合は早めに塗替えを行うのがベストです。

チョーキング現象

塗膜が劣化し、手で触るとコナが付着するのがチョーキングです。劣化が進んでいる兆候ですが、すぐに塗替えが必要というほどではありません。そろそろ塗替えのタイミングが近づいてきたという時期です。

コーキングのひび割れ

壁の継ぎ目にあるコーキング・シーリング、劣化が進んでくると徐々に切れていき、亀裂が入り、最後には割れてしまいます。
こうなると家を隙間に雨水が入りカビや藻の繁殖原因になり、最悪壁の内部が腐っていきます。早急に塗替え、補修を行う必要があります。

屋根

雨漏り

もし、雨漏りをしていたら…
雨漏りは建物にとって致命的なダメージを及ぼします。塗装だけで修繕できない可能性もあり、緊急で補修を施し、塗装する必要があります。もし雨漏りをしている場合はすぐに修繕を行なってください。

屋根の割れ

カラーベスト や瓦の割れ、すぐに建物に影響を及ぼす訳ではありませんが、放っておくと雨漏りや屋根自体にダメージが及びます。塗装やコーキングを行うことで屋根を補強することができます。早めの修繕をお勧めします。

鉄部

鉄部のサビや腐食

経年劣化で錆が発生したばい、早急の塗装を必要とします。もし塗装が割れ剥離が進み、鉄部が欠落している場合、溶接などの補修を要することもあります。可能な限り早く修繕を行う必要があります。

木部

腐食

木の性質から、木部は水分を吸収と感想を繰り返し劣化が早く進みます。良い木部用塗料を塗っても、5〜6年で剥げ落ち、防水効果がなくなり、腐食し雨漏りなどに繋がり建物にダメージを与えます。剥げ落ちや塗料が浮いてきた場合は早めの塗装を必要です。